2009年03月28日

感動的な里芋に出会った!

山形市から車で約2時間。
真室川町(まむろがわ)まで来ました。

夫が農業大学校の講演で知り合った

佐藤さんという里芋農家さんを訪ねました。


こちらの農家さんは20代も続く農家さん。

「里芋と味噌は切らすな」と代々大切に育てられた里芋があるのです。

それが甚五右衛門里芋(じんごえもんさといも)


旬は秋なので、今は冷凍保管されたものしかないのですが

料理上手なおばあちゃん作のコロッケや胡麻和えをご馳走になりました。

7de16a5c.jpg


里芋のコロッケ。
クリームコロッケのようにトロトロで
薄味でおいしい?。

あまりに美味しくて、お土産でいただき
殿もペロっと食べてましたラブ


0632fcd9.jpg


里芋の胡麻和え。

普通、山形ではお団子を黒胡麻をすった&甘しょっぱいタレで
絡めていただくのですが、里芋にこのタレをかけても

おいしいラブ

しかも、冷凍の里芋とは思えないほど
モチモチ。
里芋の概念を忘れてから食べたほうが良いです。


bfcb0578.jpg


ワラビの和え物。
カラフルなピーマンが入ってるなんて、
おばあちゃんオシャレ?

これなら、正直、若い子や子供も食べたくなるかも。。。


まるでご馳走になりに行ったみたいなんですが・・・

実は、山形の大イベントの芋煮会。
まるごと山形でも里芋をかなり大量に販売しています。

この里芋に、甚五右衛門さんの里芋を加えられたらいいなぁという
取材でお邪魔したのです拍手

ef7391a1.jpg


佐藤さんはまだ28歳。
これから一緒に山形を盛り上げて行きましょう走る

ブログランキング参加中!
ということで今日も1クリックお願いします。
いちご

at 15:53コメント(0) 
山形 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字