2009年12月10日

小野川温泉 豆もやし

小野川温泉の豆もやし。


よく、幻のスローフードや在来野菜として
雑誌やTVで取り上げられています。

歴史は古く上杉鷹山のころから栽培されているという話と
生産組合が出来たのも明治時代。

数百年の歴史があるんですね。

最盛期には100軒ほどあった生産農家も
今や3~4軒。

温泉街のお土産やさん限定の受注生産なんだそうです。

こんな幻の豆もやしの生産現場を
このたび見学することが出来ました。


木材とわらで組み立て、ビニールシートをかぶせただけの
超原始的な掘っ立て小屋!!

IMG_6556












中に入ってみると広い!


IMG_6538


もやしを作るところと、洗い場などあり結構広いです。

IMG_6543


温泉流れる上でもやしが栽培されています。

もやしにとっての最適温度は28~30℃。
この微妙な温度調整をわらと砂で行うとのこと。

毎日決まった時間に見にきて、温度が上がりすぎていないか
チェックするんだそうです。


温度が上がりすぎると・・・
火傷したみたいに水ぶくれになり、柔らかくなってしまう。

低いと・・・
硬い食感になってしまう。


豆もやしはとてもデリケートですね。



ここで問題!

豆もやしの原材料は何でしょう?




答え「もやし豆という大豆」


もやしが大豆から出来ているのはびっくりでした。
もやし豆は秘伝豆よりも収穫時期が遅く
11月になってから完全に熟したものを収穫しないと
おいしい豆もやしにならない。というお話も伺いました。



小野川温泉の生産農家はこの豆もやしを

残していきたいという想いが強いこと。

本当に感謝です。

私たち消費者もこういう伝統野菜を積極的に
食べていかないとなぁ、という思いで帰ってきました。

うめなおさんのご主人、大変お世話になりました。
ありがとうございました。

DCF_0113

運よく、豆もやしを手に入れることが出来ました。
思ったよりも長くてびっくり!


生で食べると、大豆の青臭さを感じ
茎(?)の部分は優しい甘みを感じました。
普通のもやしよりも味が濃いです!


DCF_0115


DCF_0117

お味噌汁でいただきました。
豆大好きな息子も

「マメ~」と豆の部分を喜んで食べてました



terachie_33 at 07:07コメント(1)トラックバック(0) 
野菜ソムリエへの道 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by カズ   2010年02月18日 19:37
4 娘が、小野川温泉で食した豆もやし美味かったとかで、お土産に買って来たのをシャブシャブ鍋で食べたところ美味かったので、作り方を検索していたところ、ここにたどり着きました。
・・・・どうも

コメントする

名前
URL
 
  絵文字